旅行を快適にしましょう

設備

ホテルには様々な設備が施されています。アメニティグッズなどにもこだわることができるでしょう。ちょっとした工夫で、いつも以上に快適に利用できるようになりますよ。

あると便利な物ランキング

no.1

ツーウェイブラシ

目の細かい方と、荒い方のブラシが一つになっているブラシです。折りたたみ式になっているので、便利に持ち運ぶことができます。ホテルだと、クシやブラシを忘れてしまうこともあるので、ツーウェイブラシがあると寝癖も安心です。身だしなみにも気を使えます。

no.2

洗顔ネット

洗顔ネットもあると助かります。最近では、このような女性に喜ばれるアメニティグッズが用意されているのです。手軽に泡を立てることができますし、キメ細かい泡は肌にも優しいと言われています。観光で疲れていても、しっかりと泡立てることができるのです。

no.3

フェイスパック

疲れた肌にうるおいをもたらしてくれるアイテムです。格安ホテルでも手に入るようになってきたアイテムの一つです。日中の観光でダメージを負った肌を癒すことができるでしょう。特に、日焼けなどをした場合に利用すると、肌への負担を減らせます。

no.4

リラックスシート

ひんやりとしていて、肩や首、腰や足など疲れやすい場所に貼ることができます。旅行の疲れをしっかりと癒やすことができるでしょう。観光を楽しんでいると、気付かない内に体に疲れが溜まってきます。疲れを癒すことで、より旅行が楽しめるでしょう。

no.5

カミソリと髭剃り

これはどちらも必要になってくるグッズです。基本的にどのホテルにも用意されているでしょう。男性の場合は、髭が伸びると、不潔感が出てしまうことがあります。清潔な印象をあたえるためにも、しっかりと髭などのムダ毛を処理しておきましょう。気分もスッキリとします。

部屋について

ウーマン

洋室

主にベッドが置いてあるタイプの部屋です。ベッドなので、布団を畳んだり敷いたりといった手間が無いのが特徴でしょう。基本的に土足で上がって、スリッパに履き替えます。このようなタイプはスタンダードなホテルと言えるでしょう。

和室

ホテルにも和室タイプの部屋が利用できます。ベッドで寝ると、なぜか落ち着かないタイプの方は和室を選ぶと良いでしょう。基本的に玄関で靴を脱いで上がります。室内では裸足で過ごしたい方などにおすすめです。

和洋室

和室と洋室が一つになったタイプの部屋です。どちらも利用できるので、複数人で利用するのに適しています。特に和室と洋室で意見が分かれている場合には、便利に利用することができるのです。ただ、和室と洋室に比べると少ないでしょう。

宿泊先で確認したいポイント

部屋の大きさ

格安ホテルを利用する場合に失敗しがちなのが部屋の大きさです。特に、複数人で利用する時に失敗しやすいので注意しましょう。例えば、2人なら20平方メートル、3人なら25平方メートルの広さがあれば窮屈感はないでしょう。

タバコ

タバコを吸う方にとっては、喫煙可能なのか禁煙なのかは気になる所です。一般的に禁煙の場合が多いといえるでしょう。また、消臭対応ルームの場合は、喫煙が可能となります。タバコを吸う方の場合は、消臭対応ルームを利用しましょう。

駐車場

都心に近い場合は、駐車場がないこともあるので注意が必要です。特に旅行先でレンタカーを利用するなら、ホテル以外に駐車場を借りる必要があります。駐車場を利用したい方は、予約の段階で調べておくと良いでしょう。

無線LAN

最近では無線LANに対応したホテルが増えてきていますが、中には利用できないホテルもあります。無線LANは必要ない方にとっては問題ありません。ただ、無線LANが必要と感じている方は多いでしょう。これも予約段階で確認できます。

レストラン

格安ホテルでも、レストランが利用できることもあります。朝食などを楽しむことができるでしょう。ホテルの朝食を楽しみにしている方も少なくないのです。朝食をホテルで済ませたいと思っている方は、レストランについても確認しておきましょう。